育毛剤でAGAは治るのか??

そもそもAGAと診断された人は、市販の育毛剤を使っていいの?

一般的には、AGA対策の育毛剤も販売されており、実際に効果があったという声も聞かれます。したがって、AGAだと診断された方で、自分なりの方法を試してみたいという方は、市販の育毛剤を使ってもよいでしょう。

ただし、AGAと診断された時点において、薄毛が大幅に進行して地肌がはっきりと見えてしまっている場合には、市販の育毛剤を使っても、なかなか効果が得られにくい可能性が指摘されていますので、専門医の指示に従って、治療を受けていくことが望ましいといえます。

AGA治療に効果的な育毛成分は2種類

AGAの治療を目的とした育毛剤に含まれている代表的な主成分として「ミノキシジル」が有名です。もともとは、高血圧症を患っている方のために、血圧を下げる効果が期待できる降圧剤としてつくられた医薬品ですが、「ミノキシジル」を摂取することによって、その副作用で多毛症が引き起こされたことから、AGAの治療薬として一般的に使用されるようになりました。

もうひとつの育毛成分として注目されているのが「フィナステリド」です。通常、フィナステリドを含む製品名として「プロペシア」と呼ばれることも多く、飲むタイプの治療薬の代表格となっています。プロペシアは、もともと前立腺ガン及び前立腺肥大の治療薬として使用されていましたが、その副作用としてAGA治療にも効果が期待できることが判明したため、アメリカ食品医薬品局(FDA)にて処方が認可されたことをきっかけとして、日本を含む世界60カ国以上で使用が開始されることとなりました。

医薬部外品の育毛剤のAGAへの効果は?

先に挙げた2成分以外にも市井では多くの育毛剤がネット通販やドラッグストアなどで手軽に購入できますし、種類も30種類以上と数多く出回っています。しかし、AGAを治すという観点でいえば、効果の面で弱いといわざるを得ません。なぜかといえば、ほとんどの育毛剤は「医薬品」ではなく、「医薬部外品」に区分されています。この区分の違いは、医薬部外品のほうが、効果が緩い割に、副作用が少ないということです。ミノキシジルやフィナステリドは効果が強い分、それなりの副作用が一定割合で発生します。しかし、医薬部外品については副作用が殆ど無い代わりに、得られる効果も薄いというわけです。

効果についての情報が出ている育毛剤の中で一例をあげましょう。ポリピュアEXという育毛剤は、医薬部外品として2009年に発売され、以来ネット通販界では、高いポジションを築いています。独自の育毛成分バイポポリリン酸によって髪の毛を育毛させる独自の視点がある育毛剤なのですが、AGAと診断されるような重い薄毛の場合は効果がないようです。

実際にネット上で出回っているポリピュアの口コミを調べた集計を公開しているサイトの情報によると、効果がある人は使用者のほぼ半分くらい、薄毛の箇所が広がっておらず、しかも1ヶ所にだけにしかない軽度な状態には効果があるけれど、2箇所以上に広がっていたり、抜け毛が多くなってから1年以上経った場合、には効果がないことが口コミ情報を集計した結果わかったと書かれています。一見すると、AGAにも効果がありそうに見えるのですが、実際は同じ育毛剤といえども効果の違いには差があるようですね。

新たな育毛成分「M-034」に注目!AGA治療に効果的で安全な育毛剤はこれだ!

そんな医薬部外品の育毛剤の中でも育毛剤「BUBKA(ブブカ)」は、多くの医薬部外品育毛剤の中でも1段高く期待できる育毛効果のみならず、安全性が高い点からも注目を集めています。

海藻類から抽出される特許取得済み発毛促進成分「M-034」が配合されており、しかもミノキシジルと同等の育毛効果が期待できるうえ、これまでのネックであった副作用もなく、さらにノンアルコール製法で地肌への悪影響も少ないと言われています。
「BUBKA(ブブカ)」の販売公式サイトによれば、中長期で使用した顧客のうち、98.1%の人が満足だと回答しています。